ヒマつぶし速報

ヒマつぶしにピッタリな情報をいち早くお届け!
世の中で起こった出来事や、知っておきたい「時事ネタ」を国内・海外問わず
画像や動画を交えて総まとめ。

    緊急事態宣言


    京大学)。専門は血液・腫瘍内科学、真菌感染症学、メディカルネットワーク論、医療ガバナンス論。特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所理事長。元東京大学医科学研究所特任教授(株式会社アインファーマシーズの寄付講座)、帝京大学医療情報システム研究センター客員教授。SBIファーマ株式会社社外取締役。SBI
    15キロバイト (1,905 語) - 2020年5月23日 (土) 06:06



    (出典 3.bp.blogspot.com)


    2ちゃんまとめの感想

    1 砂漠のマスカレード ★

    4月7日に発令された緊急事態宣言が続々と解除されている。宣言はそもそも必要だったのか。検証が不可欠だ。来たるべき第2波に備え、AERA 2020年6月1日号では専門家に意見を求めた。

    緊急事態宣言が続く残り5都道県について政府は、25日に再度解除の是非を判断するとしている。神奈川県と北海道で基準をやや上回る感染者が出ているが、感染の中心地だった東京都は21日現在で基準を下回った。宣言が解除された地域では少しずつ街に人出が戻ってきている。第2波の到来も懸念され、新型コロナウイルスへの対応が終わるわけではないが、4月7日に7都府県に発出され、16日に全国へと広がった「緊急事態」はようやくいったんの終わりが見えてきたと言える。

    その経済的影響はあまりにも大きい。東証1部上場のレナウンが倒産するなど倒産は増加傾向にあり、帝国データバンクは今年の倒産件数が7年ぶりに1万件を超すとの見通しを示す。厚生労働省によると、新型コロナ関連の解雇や雇い止めは5月20日時点で9569人に上るという。緊急事態宣言期間で69.9万人が失業するとの試算もある。

    宣言は本当に正しかったのか。第2波に備えるためにも検証は欠かせないだろう。

    東京医科大学の濱田篤郎教授(渡航医学)は、感染爆発を食い止めるうえで宣言の効果は大きかったと評価する。

    「まさにギリギリのタイミングだったと思います。宣言が出たことで多くの市民が外出自粛に協力した。解除の時期が適切だったかはもう少し先にならないとはっきりしませんが、目標を達成しつつあると思います」

    一方、京都大学大学院経済学研究科の依田高典教授(行動経済学)は一定の効果があったとしながらも結果的に二つの問題があったと指摘する。

    一つめは発出が10日程度遅かったこと。全国で確認された1日あたりの感染者数は4月11日の714人がピークだった。

    感染してから検査で確定されるまで最大2週間程度かかることを考慮すると、4月にはすでにピークアウトしていたという見方もできる。依田教授自身、早い段階から3月28日には宣言を出すべきだったと指摘してきた。

    「3月末に宣言を出して同じように行動の変化が起こっていれば、4月半ばには現状のレベルまで感染者数を抑え込めていたのではないか。経済を止めることへの躊躇から発出が遅れたのでしょうが、結果的にさらに経済的損失を大きくしてしまったのは悔いが残る結果です」

     二つめは、リスクの違いが考慮されなかったことだ。

    「専門家会議が示していた指数関数的な感染爆発が起こるというモデルでは、感染しやすい人、重症化しやすい人など感染リスクの質的な違いが考慮されません。結果として都道府県単位で等しく自粛要請などが行われましたが、それでは感染から遠く離れた人の生活まで危機にさらされます。リスクの差異に応じたメリハリのある政策が必要なのです」

     より手厳しい指摘をする専門家もいる。「緊急事態宣言は全く不要だった可能性がある」と話すのは、医療ガバナンス研究所理事長で内科医の上昌広医師だ。

    「東京の超過死亡数を見ると、感染は2~3月にピークを迎えていた可能性があります」

     超過死亡とは、インフルエンザなどの感染症による死者数を推計するための数値だ。感染が流行していない時期の死者数をベースラインとし、流行時の死者数と比較することで感染症による死者を推計する。東京都の数値を見ると、今年はインフルエンザの流行が弱かったのに、2~3月にインフルエンザ大流行時並みの超過死亡が発生している。上医師はこれを、「新型コロナによる隠れた死亡としか考えられない」と指摘する。

    「超過死亡でコロナによる実際の死者を推計するのは世界のスタンダードになっています。日本では一部の地域しかこの超過死亡数が明らかになっていませんが、これを詳細に検討する必要があります」

     また、緊急事態の名のもとに一律の行動自粛を求めたのも不合理だという。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/508645a5a0004b4b35a36e5f71ff0a5463502a28
    5/25(月) 14:00配信


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング 【今さらそんなんいうなよぉ~!専門家A「そもそも緊急事態宣って必要なかったっぽくないか…!?」】の続きを読む


    emergency」等の日本語訳として、メディア等にて「非常事態」・「非常事態宣言」が使用されることがあるが、あくまでも翻訳に際しての表記の揺れであり、基本的に「緊急事態」・「緊急事態宣言」と同様の意味である。 措置には、警察・軍隊など公務員の動員、公共財の徴発、緊急命令の発布、令状によらない逮捕・家宅捜索などの
    62キロバイト (6,713 語) - 2020年5月23日 (土) 14:57



    (出典 www.nippon.com)


    2ちゃんまとめ

    1 ばーど ★

    政府は二十四日、埼玉、千葉、東京、神奈川の首都圏四都県と北海道で継続している緊急事態宣言を二十五日に全面解除する方針を決めた。西村康稔経済再生担当相が記者会見で明らかにした。新型コロナウイルスの感染状況や医療体制が改善したと判断した。二十五日に専門家でつくる諮問委員会に諮った上で政府対策本部会合で決定。安倍晋三首相は記者会見を開き、解除する理由や今後の対応を説明する。

    首相は二十四日夕、西村氏や加藤勝信厚生労働相らと官邸で会い、感染や医療体制の状況などについて報告を受けた。西村氏はこの後の会見で「首都圏、北海道の五都道県の緊急事態宣言解除に関し、二十五日午前九時半から基本的対処方針に関する諮問委員会を開催し審議してもらう」と明言した。

    緊急事態宣言は新型コロナウイルス特措法に基づく措置で、今回の解除により全都道府県で解除されることになる。

    政府は宣言を解除する目安の一つとして「直近一週間の新規感染者数の合計が人口十万人当たり〇・五人程度以下」を挙げ、医療、検査体制の状況なども加えて総合的に判断するとしている。目安とする数値がクリアできなくても、十分な医療、検査体制が確保でき、感染経路も追えるような状態であれば解除できるとの立場だ。

    北海道と神奈川はこの目安を超えているが、西村氏は「減少傾向にあることには変わりがない。感染経路不明の割合、クラスター(感染者集団)、院内感染などの状況を分析し、全体として判断していく」と強調した。

    加藤氏はNHK番組で「日に日に新規感染者数が減少し、宣言下の地域でも同様の傾向だ。医療状況の逼迫(ひっぱく)はかなり緩んできている」と述べた。

    2020年5月25日 朝刊 東京新聞
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/202005/CK2020052502000128.html


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング 【【緊急事態宣言】埼玉、千葉、東京、神奈川、北海道 きょう全面解除! 安倍首相最後の会見…】の続きを読む


    首都を中心とする周辺地域を指す用語として、東京周辺の通勤・通学(都市)を指す「東京大都市」、「東京都市」、「東京」などを指すこともある。本項では、生活(都市)としての「東京」についても記述する。 1956年(昭和31年)に制定された「首都圏整備法」第2条第1項では、首都圏
    53キロバイト (5,421 語) - 2020年5月9日 (土) 05:31



    (出典 i.gzn.jp)


    ちょっと早くなったな…

    1 首都圏の虎 ★ :2020/05/20(水) 21:00:46.30

    新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言について、政府は21日、大阪、京都、兵庫の関西2府1県で解除する一方、東京など首都圏の1都3県と北海道は継続する方針を固め、21日開かれる諮問委員会に諮ることになりました。

    2020年5月20日 20時54分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200520/k10012438201000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング 【【緊急事態宣言】関西やっと解除されるねんて!関東はまだらしいな⁉】の続きを読む


    首都を中心とする周辺地域を指す用語として、東京周辺の通勤・通学(都市)を指す「東京大都市」、「東京都市」、「東京」などを指すこともある。本項では、生活(都市)としての「東京」についても記述する。 1956年(昭和31年)に制定された「首都圏整備法」第2条第1項では、首都圏
    53キロバイト (5,421 語) - 2020年5月9日 (土) 05:31



    (出典 osaka-shotengai.com)


    も少しやな…

    1 蚤の市 ★ :2020/05/20(水) 05:53:33.43

    緊急事態宣言が継続している8都道府県のうち、政府は、21日、大阪、京都、兵庫の関西2府1県で、宣言を解除する方向で詰めの検討を進めています。一方、東京など首都圏の1都3県は、感染状況や医療提供体制をギリギリまで見極めて判断する方針です。

    新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言について、政府は、残る8都道府県の解除が可能かどうか、21日判断することにしており、首都圏と関西は生活圏などを考慮し一体的に検討する方針です。

    解除の判断にあたって政府は「直近1週間の新たな感染者数が10万人当たり、0.5人程度以下」になることを目安の1つとしていて、関西の大阪、京都、兵庫の2府1県は満たしています。

    政府関係者は「関西は落ち着いてきた」と述べていて、政府は、大規模な集団感染が発生しないかぎり、大阪、京都、兵庫は宣言を解除する方向で詰めの検討を進めています。

    一方、首都圏の1都3県では、東京と神奈川が目安を満たしていないものの、東京の19日の新規感染者は5人となるなど、いずれも感染者数は減少傾向が続いていて、解除できるかどうか感染状況や医療提供体制をギリギリまで見極めて判断する方針です。

    また、北海道は新たな感染者が一定数確認されていることから感染状況を慎重に分析することにしています。

    政府は、21日、感染症の専門家などでつくる「諮問委員会」に諮ったうえで、対策本部で解除を正式に決定する方向で最終調整を進めています。

    NHK 2020年5月20日 4時41分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200520/k10012436861000.html?utm_int=news_contents_news-main_001


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング 【【緊急事態宣言】関西はもうすぐ解除⁉首都圏はまだやなぁ…】の続きを読む


    西村 康稔(にしむら やすとし、1962年10月15日 - )は、日本の元通産官僚、政治家。自由民主党所属の衆議院議員(6期)、経済再生担当大臣、全世代型社会保障改革担当大臣、新型コロナ対策担当大臣、内閣府特命担当大臣(経済財政政策)。 過去に、衆議院内閣委員長、内閣官房副長官(第3次安倍第3次改
    18キロバイト (1,722 語) - 2020年5月7日 (木) 13:42



    (出典 www.asahicom.jp)


    そら緩むで。

    1 うずしお ★ :2020/05/16(土) 22:41:16.08

     西村康稔経済再生担当相は16日の記者会見で、39県で新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されたことに伴い、残る8都道府県でも人出が増加傾向にあるとして「あちこちで気の緩みが見られ、大変心配している」と引き続き自粛を求めた。「ここで気が緩むと新規感染者が増え、解除できなくなる」と懸念し、39県についても感染防止策の徹底を求めた。

    西村氏は14日午後7時時点の人出が前日と比べ、東京・渋谷で13・1%、北海道・ススキノで19・7%それぞれ増加したと紹介。「ここで気が緩むと2週間後の5月末には新規感染者の数が増える」と指摘した。緩みの理由について「やはり自粛疲れはあると思う」と理解を示しながらも「何とか月末までにこの大きな流行を収束させたい」と改めて警戒を呼びかけた。

     39県については病院で集団感染が発生した愛媛県を例に挙げ「どこで起こるか分からないという最大限の注意を払って、活動を行っていただきたい」と強調した。

     政府は解除に当たり、「直近1週間の10万人当たり累積新規感染者の報告数が0・5人未満程度」などの目安を設定している。8都道府県について、今月21日と28日をめどに解除の可否を検討し、可能と判断すれば期限の5月末を待たずに解除する方針。

    2020年5月16日 20時1分 毎日新聞
    https://news.livedoor.com/article/detail/18270957/


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング 【【自粛継続】西村大臣「あちこちで気の緩み。」なぜ解除したん⁉】の続きを読む

    このページのトップヘ