ヒマつぶし速報

ヒマつぶしにピッタリな情報をいち早くお届け!
世の中で起こった「芸能ネタ」「時事ネタ」「スポーツネタ」何でもあり
画像や動画を交えて総まとめ。

    渡部建



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    2ちゃんまとめの感想

    1 muffin ★

    六本木ヒルズの地下駐車場トイレなどを舞台に複数女性との不倫関係が発覚したアンジャッシュ・渡部建(47)。

    「女性を完全に性欲処理の道具扱い。幻滅しました」(40代専業主婦)
    「佐々木希(32)という美人妻がいながら信じられない。アンジャッシュのコントは好きだったけど、もう二度と見たくない」(30代専業主婦)

     と、女性からは大バッシング。全レギュラー番組を出演自粛したものの、「主婦層だけでなく佐々木希ファンの若年層からも嫌われた。地上波の復帰は絶望的」(スポーツ紙デスク)という状況だ。

     しかし、四面楚歌の渡部に対して、「“あの男”に比べたらまだマシ」という声が上がる。俎上に上がるのは、今年1月に女優・唐田えりか(22)との3年間にわたる不倫が発覚した東出昌大(32)である。

    「妻がいながら3年間も本気で“恋愛”していた東出のほうがよっぽど罪深い。相手女性にどんな表情で、どんな甘い言葉をかけていたのか。妻は想像するだけで絶望的な気持ちになるものです。渡部は、言葉は悪いけど肉体関係を持っただけ。『体の浮気』より『心の浮気』のほうが堪えます」(50代パート主婦)

    「渡部は本能に忠実な“動物的不倫”で、時間が経てば相手の顔も忘れちゃうでしょう。妻としても“相手の女は単なる遊び”と、ギリギリでプライドを保てると思う。でも東出の不倫は、“人生に爪痕を残した”というレベルで、本人も相手女性も一生忘れることがない。妻にとってこれほど辛い話はありません」(30代パート主婦)

     6月14日の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、山崎夕貴アナ(32)が「奥さんとしては不倫相手の女性に気持ちがないほうがまだ許せる」とコメント。山崎アナといえば、2017年に現夫・おばたのお兄さん(32)の浮気が報じられたことがあるだけに、その言葉には説得力があった。

    恋人・夫婦仲相談所所長の三松真由美氏が語る。

    「過去の相談事例を分析すると、夫が複数女性と不倫していたケースは多くが妻と関係修復しています。勝手な理屈ですが、夫は必ず『最も愛しているのは妻だ』と言うのです。妻もその言葉を受けて最後は許してしまう。逆に東出タイプの不倫だと、妻はオンリーワンにもナンバーワンにもなれず、仮に離婚しても、夫が不倫相手と再婚したら、自分は“略奪された女”として生きることになる。救いがないんです」

     芸能史を振り返っても、東出タイプの不倫はバッドエンドを迎えやすい。

    中略

    「渡部のほうが許せない」。そう話す女性の声はこうだ。

    「公衆トイレや1万円の話を知ると、渡部は女性を“性のはけ口”としか見ていないことが分かる。夫婦生活が長くなれば男女関係なんか消えて、最後は人として尊敬できるかどうかが大切になる。自分の夫がもしああいうことをしていたら、一緒に暮らしていくのは無理ですね」(30代専業主婦)

    なかには子供の将来に思いを巡らせたこんな声も。

    「将来大人になった時、必ず父親のした行為を知る日が来る。その時、どんな気持ちになるのか。父親が複数の女性とだらしない関係に陥っていたという事実を知ってしまうのは、相当なショックだと思う。


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング 【渡部建の「変態不倫」と東出昌大の「本気不倫」女性が許せないのは?】の続きを読む



    (出典 akogare.me)


    2ちゃんまとめの感想

    1 冬月記者 ★

    矢作兼、アンジャ渡部の代打でラジオ生出演 コメント“代読”説をきっぱり否定「謝る気もございません」

    お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、19日放送のJ-WAVE『GOLD RUSH』(毎週金曜 後4:30)に生出演。
    今月10日配信の『週刊文春デジタル』が複数の女性との不倫行為を報じられ、現在活動を自粛している、アンジャッシュ・渡部建の代役として登場した。

    一部で、渡部のコメントを代読するのではないかと伝えられていた点に触れ「ちょっと意味わからなくないですか。するわけない。まったく代読しません。謝る気もございません」と明るいトーンできっぱりと否定した。

    番組冒頭、矢作は「僕が、ピンチヒッターを務めさせていただきます」と落ち着いた声で自己紹介。
    「普段はTBSラジオやってるけど、今日はJ-WAVE対応でやらせていただいてますが…早くも限界で、普通の声に戻します」と笑わせながら「J-WAVEは憧れだったので緊張して、肩肘張ってしまいましたけど、渡部さんの代打ということで…」と呼びかけた。

    続けて「渡部さんの謝罪を代読するという予想があったけど、そんなことするわけない。(相方の)児嶋さんがするならまだしも。代読しません。謝る気もありません」とコメント。
    「“ケン”つながりで、渡部建から矢作兼でやらせていただきます」と番組を始めた。

    11日深夜放送のTBSラジオ『木曜JUNK おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木曜 深1:00)で、矢作は「大変だったな、今週は。もう嫌なんだよ。このご時世に。今一番騒いでいる王子様いるでしょう。
    もうすごいことなっているんだけどさ、オレたちは王子様って言われている時に、裏の顔を暴きたいだけなのよ」と旧知の関係だからこそのコメント。
    騒動が収まりを見せない中、きのう18日深夜でも「結婚してからは真面目にやっていると思っていたから…」と語っていた。

    先週放送の『GOLD RUSH』では、渡部の相方である児嶋一哉が代役を担当。番組冒頭で、不倫騒動で世間を騒がせた相方を涙声で説教し
    「バカ野郎ですよ。多くの方に支えられて僕らは成り立ってるのに…」と10分以上にわたって渡部に厳しい言葉をぶつけ、ファンやスタッフなどへ謝罪した。


    (出典 stat.ameba.jp)


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング 【【矢作兼】渡部の代打でラジオ生出演!「メント代読いたしません。謝る気もございません…」】の続きを読む



    (出典 www.ssnp.co.jp)


    2ちゃんまとめの感想

    1 砂漠のマスカレード ★

    外出自粛期間中、ステイホームの楽しみのひとつはHuluで配信中のグルメ番組だった。「渡部の歩き方 グルメ王の休日」。アンジャッシュの渡部建(47)が日本各地のさまざまな名店を紹介する番組。月イチのプライベートのグルメ旅行に番組が密着するという設定で、2016年から放送されているものだ。

    行きたい店を自ら予約し、1日に3軒をはしご。高級な寿司やイタリアンから、B級グルメまで網羅しており、深夜に見るとまさに“飯テロ”。自宅でレモンサワーを飲みながら、その名店の味を想像したものだ。99回分配信されているが、その半分ほどを視聴した。

     グルメ王というだけあって料理の知識は半端なく、店主との会話も実にスムーズ。珍しい食材や難しい調理技法もかみ砕いて説明してくれるので、こちらは何度も「なるほど」とうならされた。そして本当に美味しそうに食べるので、「この店に行きたい」と思わせる。まさに渡部の強みが存分に生かされた内容だった。

     そんな時に起きた不倫スキャンダル。渡部を身近に感じるようになっていただけに、残念でならない。新型コロナウイルスの影響で新作のロケが行われていなかったが、この番組は現在も続いている。週刊文春で報じられた行為をしていた期間に、この番組のロケも行われていたのかと思うと、今まで通りに楽しめる気はしない。

     相方の児嶋一哉(47)が12日のラジオ番組で言っていた、「調子に乗っていた」という言葉が頭に残る。この番組を見てると、常にディレクターには上から目線で話しており、確かに調子に乗っているなと感じる場面はある(それが渡部の芸風ではあるが)。不祥事がなければ「芸風」で済む話なのだが、今となっては「人格的にどうなの?」と思ってしまう。

     「1年に外食は500回」と言っていた美食家。活動自粛で外出も控えているであろう今、渡部は何を食べているのか。そんなことまで気になる。外食ではなく、奥さんと食卓を共にして、失った信頼を取り戻すことが必要だろう。(記者コラム)




    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング 【【渡部建】「年間500回の外食」が唯一の自慢…】の続きを読む



    (出典 news.nifty.com)


    2ちゃんまとめの感想

    1 砂漠のマスカレード ★

    お笑いタレントのヒロミが中心となり発足した、東京・八王子出身の芸能人が集う“八王子会”。今年3月に初会合が開かれ、ミュージシャン、俳優、お笑いタレントなどの垣根を越えて集まった豪華な顔ぶれが参加者のSNSで公開され、大きな反響を呼んでいた。しかしその場にアンジャッシュの2人はおらず、その理由はヒロミによる“渡部NG”だったからだという。

    14日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)では、トップで渡部建(アンジャッシュ)の不倫問題を扱った。渡部と同じ八王子出身でゲストコメンテーターのフワちゃんは「ヒロミさんが主催した八王子会に、渡部さんは“グルメすぎてムカつくから”と入れてもらえなかった」と話す。彼女は「どうしてそんな理由で入れないんだろう?って思ってたけど、もしかしたら予言してたのかも」と笑っていたが、この件についてネット上では「ヒロミが渡部を遠ざけている理由は、他にあるのではないか」と以前から囁かれていたのだ。

    実はヒロミ自身が、4月21日に放送された特番『超踊る!さんま御殿!!』で八王子会にアンジャッシュの2人を呼ばなかった理由を語っている。ロックバンド・マキシマム ザ ホルモンのナヲにメンバーの人選と出欠の確認を任せ、ヒロミは飲食店の予約を担当した。するとナヲから「アンジャッシュさんは八王子ですけど、どうします?」と相談され、「アンジャッシュはやめとくわ」とヒロミが断ったという。以前、渡部が「さんまさんとご飯に行くと、喋ってばかりで焼肉を全然食べない」「肉がかわいそうなので、さんまさんとは一緒に食事に行きたくない」などと話していたことをヒロミは例にあげ、店選びから食べ方まで口うるさい渡部は「一生ダメ!」とまで言い放ったそうだ。しかしコンビの片方を呼んで、もう片方は呼ばない訳にはいかないので相方の児嶋一哉にも声はかけなかったらしい。こうして開かれた第1回の「八王子会」には

    ヒロミ、フワちゃん、高橋みなみ、ナヲ、ファンキー加藤、塚本高史、THE YELLOW MONKEYのギター・菊地英昭とドラマー・菊地英二、カリスマホストのROLANDなど錚々たるメンバーが顔を揃えたのである。
    しかしこの理由だけで、ヒロミが渡部を頑なに八王子会入りを拒否したというのを訝しむ声がネットには少なくなかった。お笑い第三世代と言われるとんねるずやダウンタウン、ウッチャンナンチャンと並ぶ人気を博したヒロミ(B21スペシャル)は当時、人力舎に所属していた。のちにアンジャッシュが同事務所からデビューする前にB21スペシャルは独立しているが、同じ八王子出身である2人の人となりはヒロミの耳にも入っていたはずだろう。今となっては「なんかヒロミが八王子会に、渡部を呼ばない意味がやっと分かった気がする」「渡部の本質を知ってたのかな?」「もしかしたら渡部のダメな部分をなんとなく感じてたんじゃ…なんていうふうに思うようになってきた」「ヒロミさん見る目あったんだな。児嶋さんが巻き込まれてるけど」などの声がネット上で見受けられ、また「とばっちりで呼ばれなかった児嶋さんを、呼んであげて欲しい」「八王子会はこれで堂々と、児嶋だけ呼べるんじゃないか」と同郷の仲間で児嶋を元気付けて欲しい―という声もあがっている。




    (出典 topics24.jp)


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング 【【ヒロミ】アンジャッシュ渡部の本質を見抜いていた!「八王子会」入りを拒否…】の続きを読む



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    2ちゃんまとめの感想

    1 砂漠のマスカレード ★

    世の中に大きな衝撃をもたらした、アンジャッシュ渡部建の複数女性との不倫騒動。

     現時点で渡部は活動全面自粛を表明しているが、その後の処分、そしてこれからのタレント活動がどうなるかにも注目が集まっている。

    「報道された内容が、かなりセンセーショナルでしたからね。復帰できるとすれば、芸人としての舞台仕事やウェブメディアなどからということになるでしょうが、情報番組のMCやグルメ系の仕事は、好感度が重要視されるだけにかなり厳しいのではないでしょうか」

     と、あるスポーツ紙記者は語る。

     渡部といえば、記者も語るとおり“グルメタレント”としてもよく知られており、今後、そこが空席になった場合の「後継者」が気になるところだ。

    「渡部さんは、食レポをして、美味しそうなリアクションをする、グルメレポーター系というよりは、数多くの名店に訪れてることで蓄積した膨大な知識をウリにするタイプでしたからね。そこの枠に変われるタレントは、限られてしまうと思います」(前出記者)

     そこで、“後継者”は誰が適任かとテレビ関係者に聞いてみると、真っ先に名前が上がったグルメ通のタレントは、V6の長野博だった。 

    「長野さんは、渡部さんにも負けず劣らない食通タレントとして有名で、知識も豊富。言うまでもなく人気も知名度も高い。さわやかで上品な雰囲気もあり、知識をひけらかすようなこともなく、グルメを語っても嫌味がない。それでいて天然なところもあるので、いじったりツッコミやすかったりもします。これまでにもトーク番組などでその幅広い知識を披露していましたが、このコロナ禍において、せめて美味しいものを食べたい、自粛が明けたら食べに行ってみたいという需要が高まっているところでもあるので、ぴったりではないかと思います」

     一方、渡部と同じ芸人のグルメ通といえば、ダチョウ倶楽部の寺門ジモンも重要な存在だと付け加える。寺門は、渡部がグルメ通として有名になる以前から、肉料理を筆頭に、食通芸人として有名な存在だ。グルメに関する本も出版し、お笑い以上にグルメに熱心になっていることが、ダチョウ内でのネタにもなっている。

     が、渡部の後継者となると、ちょっと首をかしげる。

    「再び食通芸人のナンバーワンとして君臨する可能性は高いですが、語りがやや熱すぎるので、笑いの範囲内ですが、それをウザがる人もいます。また渡部と比較すると、見た目の爽やかさも欠けますね(笑)。再評価されるにしても、登場する場面は限定的になるかもしれません」

     ほかの可能性として、グルメというと名前が上がるのが常連の石塚英彦や彦摩呂だ。このふたりは、全国にある数多くの名店を訪れ、経験値は膨大。これまでの食レポだけでなく、オススメ店を紹介するだけでも需要は高まるのではという。

    「いつも美味しそうに食べてくれるイメージが強いので、『石ちゃんや彦摩呂がすすめるなら』という安心感はありますね。しかし、食いしん坊系では日テレの水卜麻美アナなんかもいますが、彼女は“庶民派食いしん坊”枠で、うんちくを語ったり、予約の取れない高級店に行くことをステータスとするタイプでもない。ギャル曽根など大食いタレントも同じですね」

     と、ここまではある程度、予想ができるが、これまで名の上がらなかった新グルメ通を期待したいところ。前出の関係者が続ける。

    「コロナ禍で目にする機会が多くなった、ワイドショーのコメンテーターとして知られる文化人などから、新たなスター候補が隠れている可能性だってあります。石原良純さんや長嶋一茂さん、松岡修造さんなど、生まれ持ってのセレブは、やはりいい店、いい食べ物に触れる機会は多いでしょうから、案外そのあたりからも……」

     渡部の“代役”はいくらだっている。2020年の夏、新たなグルメタレントが誕生するかもしれない。


    (出典 www.geino-topic.net)


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング 【【グルメタレント】渡部建の自滅で空いたイス!次の枠は誰に…】の続きを読む

    このページのトップヘ