ヒマつぶし速報

ヒマつぶしにピッタリな情報をいち早くお届け!
世の中で起こった「芸能ネタ」「時事ネタ」「スポーツネタ」何でもあり
画像や動画を交えて総まとめ。

    吉村知事



    (出典 www.jiji.com)


    2ちゃんまとめの感想

    1 影のたけし軍団 ★

    人との接触8割減を迫り、42万人が死ぬと脅した「8割おじさん」こと北海道大の西浦教授。

    その数理モデルは間違っていたと本誌(「週刊新潮」)は書いてきたが、それをデータとともに突きつけられた大阪府の吉村知事は、
    天を仰いだという。事実、ツケは大きすぎるので――。

    新型コロナが未知のウイルスであった以上、警戒しすぎも、ある程度は致し方なかったのだろうか。

    たとえば、安倍総理は緊急事態宣言を発令した4月7日、「人と人との接触機会を最低7割、
    極力8割削減できれば、2週間後には感染者の増加をピークアウトさせ、減少に転じさせることができる」と発言。
    言うまでもなく、8割削減という目標は、厚生労働省クラスター対策班に所属する北海道大学の西浦博教授(理論疫学)による試算を根拠にしていた。

    しかし、安倍総理の言葉には「緩み」があったようで、西浦教授はすぐに「この7割は政治側が勝手に言っていることで、
    私は一切言及したことがありません」とツイート。8割でなければダメだ、と強調したのである。

    西浦教授はさらに畳みかけ、4月15日には、接触を減らすなどの対策をまったくとらなければ、
    国内で約85万人が重症化、うち約42万人が死亡する恐れがある、という試算を公表した。

    テレビも加勢し、翌16日のTBS系「ひるおび!」を例にとれば、八代英輝弁護士が「政治はそれ(科学的知見)に従うということが大前提で、
    科学的知見が8割であったら、それを政治で7割に調整するということは、本来許されない」と発言。

    専門家とメディアがスクラムを組み、政治的判断の先をいく自粛ムードを作っていった。

    日本で欧米のように感染が広がらなかったのは、過剰な警戒の賜物なのか。
    ところが、大阪府の吉村洋文知事は6月12日、「第2回大阪府新型コロナウイルス対策本部専門家会議」終了後の囲み会見で、次のように語った。

    これは3月半ばに初回が開かれ、今回、第2波に備え、国に先がけこれまでを検証すべく、再招集されたものだ。

    「西浦モデルだけを信じて突き進むのは違うんじゃないか。大阪と兵庫の往来自粛をしたときも、
    西浦先生の数字で、兵庫と大阪は2週間後に感染者が3千人になる、とありましたが、事実としてそうはならなかったです。
    緊急事態宣言が出されたときも、8割の接触削減をしないと感染者が右肩上がりになるということでしたが、事実と適合してないわけですよね」

    そして、こう繋いだ。

    「40万人亡くなるというのも、4月15日に出ましたが、ああいうのを僕ら政治家が見せられると、すごく影響が強い。
    命を守らなきゃいけない立場になったときに、40万人死にますと言われると、全部抑えなければならない、となってきます。
    でも、40万人死んでいません。現実には900人。すべて西浦モデルが出発点になって、国の方針が示されてきました。

    それをやっても副作用がなければ全然いいけど、休業要請などもすべてにかけていくと、
    副作用、出血、犠牲があまりに大きすぎるので、国を挙げて批判的検証をしないと間違った方向に進むんじゃないか」

    いわば「8割おじさんに騙された」と、白状した恰好だった。

    実際、「騙された」ことによる「副作用」は、治癒できるレベルではない。

    第一生命経済研究所首席エコノミストの永濱利廣氏は、「8割削減にかぎってのダメージを測るのは難しい」
    としながら、そこが出発点になった緊急事態宣言に伴う経済への影響について、
    「GDPベースで最大12兆円の損失が生じ、今後も含め、失業者が60万人程度出ます」と見るのである。

    吉村知事が先のように語ったのも、会議の席でオブザーバー参加した2人の学者から、
    緊急事態宣言も、西浦教授の予測を信じて行った大阪と兵庫の間の往来自粛も、多方面への営業自粛要請にも、効果がなかったと断じられたからだ。


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング 【【吉村知事】「8割おじさん」に騙された! 経済が瀕死の状態…】の続きを読む



    (出典 www.nhk.or.jp)


    2ちゃんまとめの感想

    1 蚤の市 ★

     毎日新聞と社会調査研究センターが20日に行った全国世論調査では、携帯ショートメール調査の回答者に「次の首相にふさわしいと思う人」を1人挙げてもらった。携帯回答者777人のうち118人が挙げた自民党の石破茂元幹事長がトップ。安倍晋三首相が78人で続き、河野太郎防衛相と吉村洋文大阪府知事が55人で3位に並んだ。

     報道各社の世論調査でよく行われる質問だが、電話による世論調査では特定の政治家の名前を選択肢に並べて選んでもらう。携帯ショートメール調査は自由記述回答が可能なため、選択肢は用意しなかった。

     各社の調査でも石破氏が1位、安倍首相が2位に入ることが多く、その傾向に変わりはなかった。河野氏は「イージス・アショア」の配備計画停止など、吉村氏は新型コロナウイルス対策で発信を強めてきた影響がうかがえる。無回答が172人、「いない」とした回答が63人、「わからない」も20人いた。

     自民党支持層に限ると安倍首相57人、石破氏30人と逆転する。

     2桁の人が挙げた上位11人は以下の通り。カッコ内は携帯回答者に占める割合。

    1 石破茂自民党元幹事長   118人(15%)

    2 安倍晋三首相       78人(10%)

    3 河野太郎防衛相      55人( 7%)

     吉村洋文大阪府知事    55人( 7%)

    5 小泉進次郎環境相     37人( 5%)

    6 橋下徹元大阪府知事    21人( 3%)

    7 小池百合子東京都知事   17人( 2%)

    8 岸田文雄自民党政調会長  15人( 2%)

     枝野幸男立憲民主党代表  15人( 2%)

    10山本太郎れいわ新選組代表 14人( 2%)

    11菅義偉官房長官      11人( 1%)


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング 【【世論調査】「次の首相は誰だ!」1位石破氏、2位安倍、3位河野氏、吉村大阪府知事…】の続きを読む



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    2ちゃんまとめの感想

    1 臼羅昆布 ★

    大阪府の吉村洋文知事(44)、大阪市の松井一郎市長(56)、落語家の桂文枝(76)が16日、
    大阪府公館で行われた「大阪の人・関西の人いらっしゃい!」キャンペーン概要発表会見に登場。
    トリオ漫才のような軽妙なやりとりで盛り上げた。
    新型コロナウイルス対策のため、ソーシャルディスタンスを保って会見に臨んだ3人だったが、
    文枝が「えらい離れて寂しいですね。楽屋ではそばで話してたのに」と漏らすと、吉村知事は
    「あまり言うとよくないです」とぴしゃり。
    さらに「大阪の人は大阪のホテルにはあんまり泊まりませんよね」と話す文枝に、今度は松井市長が
    「ま、そうですね。家に帰りにくい場合ですわな」と突っ込んで「その話は置いといて」と沈黙させた。
    だが、文枝も黙ってはいない。
    定額給付金の話題になると「ウチ、まだ届いてないよ」とチクリ。
    松井市長は「(お金に)余裕のある人はゆっくりでお願いします。一日5万件しか処理できないんです。
     今しばらくお待ちを」とおわびした。
    同キャンペーンは、新型コロナウイルスの影響で厳しい経営状況が続く、府内の観光事業者への支援を
    目的とした府市共同の取り組み。
    7000円以上の特典付き宿泊割引プランを利用した関西2府4県在住者に対し、20万人限定で
    一人1泊につき2500円のキャッシュレスポイントを還元するもの。
    19日から7月末までの宿泊が対象となる。
    吉村知事は「大阪に来て泊まって遊んでもらおうという全国初の取り組み。感染症対策を取りながら、
     少しでも経済を動かしていこうという趣旨です」と訴え、松井市長も「宿泊施設も9割を超えていた
     稼働率が2割もいかない。関西の皆さん、夫婦2人なら5000円キャッシュバックです。熱のない人は
     ふるって大阪に来ていただきたい」とアピールした。


    (出典 www.lmaga.jp)


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング 【【大阪】吉村知事&松井市長&桂文枝!まるでトリオ漫才…】の続きを読む


    吉村 洋文(よしむら ひろふみ、1975年〈昭和50年〉6月17日 - )は、日本の政治家、弁護士(登録番号28290、大阪弁護士会所属)、税理士。大阪府知事(公選第20代)、日本維新の会副代表、大阪維新の会代表代行。大阪市長(1期)、衆議院議員(1期)、大阪市会議員(1期)、おおさか維新の会政務
    45キロバイト (6,461 語) - 2020年5月29日 (金) 12:07



    (出典 news.nifty.com)


    2ちゃんまとめの感想

    1 記憶たどり。 ★

    https://www.sanspo.com/geino/news/20200602/pol20060200010001-n1.html

    美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(75)が愛知県の大村秀章知事(60)の解職請求(リコール)運動を起こすことが1日、分かった。
    高須氏はこの日、名古屋市内で2日に記者会見すると自身のツイッターで発表。
    「吉村知事のご臨席の栄を賜れれば克弥望外の喜びであります」と大阪府の吉村洋文知事(44)に呼びかけた。

    吉村氏はツイッターで「高須先生、さすがに明日の14時は松井市長と大阪で会議の公務がありますので、出席は難しいです」
    とした上で、「リコールは簡単にはいかないと思いますが、応援してます」とつづり、「行政が税金であの『表現の不自由展』は
    さすがにおかしいですよね」と指摘した。

    高須氏は5月23日のツイッターで、芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」を巡り、
    「英霊を侮辱する作品展を、血税を使って行う大村知事は愛知県の恥です。リコールします」と投稿していた。
    新型コロナウイルス感染対策を巡る大村氏の言動についても批判を重ねている。

    また大村氏が新型コロナウイルス感染拡大を巡って「東京、大阪は医療崩壊の状態」との発言を繰り返した際、
    吉村氏は「大阪で医療崩壊は起きておらず、根拠が不明」と反論し、知事同士による異例の応酬になっている。


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング 【【吉村VS大村】吉村知事、リコール運動の高須院長に「応援してます」】の続きを読む


    吉村 洋文(よしむら ひろふみ、1975年〈昭和50年〉6月17日 - )は、日本の政治家、弁護士(登録番号28290、大阪弁護士会所属)、税理士。大阪府知事(公選第20代)、日本維新の会副代表、大阪維新の会代表代行。大阪市長(1期)、衆議院議員(1期)、大阪市会議員(1期)、おおさか維新の会政務
    45キロバイト (6,461 語) - 2020年5月29日 (金) 12:07



    (出典 encount.press)


    2ちゃんまとめの感想

    1 みなみ ★

    週末の政治
    2020年5月30日 11時34分
    https://news.livedoor.com/article/detail/18339180/

     大阪府の吉村洋文知事(44)が30日、読売テレビの関西ローカル情報バラエティー「あさパラ!」(土曜前9・25)に生出演。「東京と大阪は医療崩壊が起きている」と発言した愛知県の大村秀章知事(60)との和解をやんわり“拒否”した。

     大村知事が28日の会見で「病院に入れない、救急を断る-は医療崩壊。東京と大阪で起きている。行政としては負け」と話したことに端を発した対立劇。

     吉村知事は「初めて聞いて、ちょっと意味がわからなかった。なぜ愛知の知事に言われなきゃいけないのか。内情は僕らが一番よくわかってる」と首をかしげ、「“ちょっと、それは違うよ”って、知事から言われた以上は僕も返さなきゃいけない」と自身のツイッターで反論した理由を明かした。

     「(東京都知事の)小池さんは『スルーします』と。僕もそうしたらよかったかなと思うけど、コメンテーターが言うならあれですけど、知事に言われて全国的にメディアに流されると『大阪と東京は医療崩壊してたの?』ってなる。それは最前線で一生懸命受け入れてやってくれてる医療関係者に失礼」

    以下ソースで


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング 【【テレビ生出演】「大村知事と話してみては?」→吉村知事「もともと、ちょっと合わないんじゃないかな…」】の続きを読む

    このページのトップヘ