ヒマつぶし速報

ヒマつぶしにピッタリな情報をいち早くお届け!
世の中で起こった「芸能ネタ」「時事ネタ」「スポーツネタ」何でもあり
画像や動画を交えて総まとめ。

    身近な出来事



    (出典 suumo.jp)


    2ちゃんまとめの感想

    1 首都圏の虎 ★

    実家の父親の葬儀にも参列できない
     すると、地方出身者は「実家に帰ればいい」ということになると思えるが、いまはまだ、そう簡単にはいかない。これまで全国で唯一の感染者ゼロを守り通す岩手県で起きたあるケースを、同県在住ジャーナリストが明かす。

    「地元紙の岩手日報に掲載された記事がこちらでも物議を醸しました。緊急事態宣言が出ていた5月、東京に住む女性が岩手県内で営まれる父親の葬儀に参列しようとしたところ、親族から“参列者に迷惑がかかる。戻って来るな”と言われたというのです。女性は今回の規制がなんらかのルールに抵触する恐れがあるのかと心配になり、県庁に問い合わせたそうです。

     それに対し、県担当者は“親族の葬儀は不要不急の外出に該当しない”と回答しました。そこで女性は帰省を強行したものの、今度は家族から“万が一、おまえがウイルスを岩手に持ち込んで感染が広がったら、自分たちはここに住めなくなる”と懇願され、ついに参列を諦めたそうです」

     東京在住というだけで親の葬儀にも出られないとは、悔やんでも悔やみきれない。埼玉県出身の女性も、高齢でひとり暮らしの母を心配し、緊急事態宣言中は毎日のように実家に電話をし、自粛が明けるとすぐさま帰省した。ところがだ。

    「緊急事態宣言中は“ご近所の目があるから帰ってこないで”とは言われていました。ようやく喜んでもらえるだろうと思ったら、母がご近所に“明日、東京から娘が戻りますが、お許しを”と、お詫びの菓子折りを配っていたんです。ショックでした」

    こんな殺伐とした現状について、東京女子大学教授(情報社会心理学)の橋元良明さんはこう話す。

    「まだ大学も対面での授業ができないので、実家に帰っている学生が多い。ところが、やはり岩手県出身の学生は実家から『周囲の目がある。帰ってこないで』と言われ、やむなく東京に留まっているようです」

    “東京菌”ともいえるこの風評被害を聞いて思い出すのは、2011年の東日本大震災後のこと。放射能検査をクリアしているにもかかわらず、「東北産の農産物は放射能に汚染されている」などという心ない流言が広がった。

    「平時には意識されませんが、実は日本社会にはいまだに“ウチ”と“ソト”の間の壁があり、特別なことが起こると、それが“ヨソ者”を排除する力として作用する。今回も連日の報道で『東京=コロナ感染者』という度を越したイメージがつき、いわば中国での『武漢出身者』と同種の視線が向けられている。『ケガレたヨソ者を排除しよう』という心理が働いていると思います」(橋元さん)

     このヨソ者排除の「ムラ意識」は、東京を含め日本のどこにでもある意識だと、橋元さんは言う。

    「もともと日本は、島国で山地が多いことから、地域間の風通しが悪く、“ムラ意識”が発達しやすい。他国と地続きのヨーロッパやアメリカは多民族社会であって地域的流動性も高く、こういった意識が低いことと比べると、かなり対照的です」

     わが国独特といってもいい状況のようだが、今回のコロナ禍においては特別な事情もある。目に見えないウイルスであり、無症状感染者も多いことで、「誰が感染者かわからない」と疑心暗鬼を生じる。これが不安や恐怖をあおり、人々は“ヨソ者”の排斥に駆り立てられるのだ。

     こうして、故郷である地方へ帰ることができなくなった人たちは東京に閉じ込められる。だが、“復活”に向かって動き始めたこの街でも、彼らが安心して暮らすことは難しいかもしれないのだ。


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング 【【コロナ被害】東京人への風評被害続出!「東京菌」扱いで葬儀も出れず…】の続きを読む



    (出典 1.bp.blogspot.com)


    2ちゃんまとめの感想

    1 記憶たどり。 ★

    「自粛警察」が問題になったのに、今は「マスク警察」が出現しているという。「また厄介な人たちが現れたものですね」とキャスターの立川志らく。

    横浜市の50代女性「マスクを忘れてスーパーに行く途中、通りすがりのおじいさんに『お前マスクしてないじゃないか』と唾をはきかけられた」と訴える。
    「もしその人がコロナ感染していたらと思うと、かかった唾を落とすことだけ考えてすぐ家に帰った。恐怖だった」

    ■ 電車のマスクなしの乗客に「非常識だ。電車から降りろ!」と罵倒

    通勤電車で「マスク警察」を見たという50代の女性も。
    マスクを忘れたのかハンカチで口を押えて座っていた若い女性に、途中で乗ってきた50代くらいの男が「非常識だ。電車降りろ」と罵倒。
    「頭ごなしに、ばい菌扱い。可哀そうだった」。女性は泣きながら電車を降りて行ったそうだ。

    ほかにも、都内の小学6年生男子は、登校中にマスクのひもが切れてはずしていたら、
    50代くらいの女に「お前マスクつけろよ、ぶち殺すぞ」といきなり怒鳴られた。

    他人のマスクを気にしている人が多いというデータを司会の国山ハセンが紹介。毎日新聞のアンケートでは、マスクをしない人の行動が気になるか尋ねたところ、86%が「気になる」と答えた。
    番組調べでも、マスクをしない人に対して「うつされるかもと不安になる」「咳やくしゃみの飛沫が気になる」「意識の低さを感じる」などの声が多かった。

    神田愛花(フリーアナウンサー)「私はとても気にするほうです。電車でマスクをしていない人がいると、席を移動してしまいます」

    小林寅喆教授(東邦大)は、「何がなんでもマスクをしなきゃいけないという状況になってしまった。何のためにマスクをするのかを考えてほしい」。

    屋外を一人で黙々と歩くときはマスク不要、屋外でも屋内でも会話をするときはマスクが必要、と例をあげる。
    暑い中、自転車に乗ってマスクをしているとか、分散登校している子供たちがマスクをしているのは、熱中症の危険がある。

    小林教授「ソーシャルディスタンスさえきちんと守っていれば、マスクをしていなくても何ら問題はない」


    (出典 www.j-cast.com)


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング 【【マスク警察】大活躍中!通りすがりに唾を吐き掛け、通勤電車で「電車降りろ!」、小学生に「ぶち殺すぞ!」】の続きを読む



    (出典 k-tai.watch.impress.co.jp)


    2ちゃんまとめの感想

    1 富豪立て子 ★

    ■ 発信者の電話番号開示へ 今夏にも省令改正 ネット中傷問題で

     会員制交流サイト(SNS)で誹謗(ひぼう)中傷を受けた女子プロレスラー、木村花さん(22)が死去するなど、インターネット上で行われる匿名の誹謗中傷が社会問題化する中、被害者が発信者の電話番号の開示を求めることができるよう、総務省が今夏にも開示項目を定めた省令を改正する方針を固めたことが19日、分かった。

     高市早苗総務相が同日の記者会見で、省令改正の意向を安倍晋三首相に伝えたことを明らかにした。高市氏は「省令改正で対応できるものに関しては、この夏を目標にしたい」と述べた。

     木村さんの死去を受け、総務省は誹謗中傷の書き込みをした投稿者の特定を容易にし、悪意のある投稿を抑止するための制度改正を急いでいる。7月には有識者検討会が中間取りまとめを行い全体像を示す方針。

     制度改正にはプロバイダー責任制限法の改正が必要でまだ時間がかかるが、国会手続きが不要な省令改正であれば総務省の判断で可能なため、省令部分だけでも先行して改正する。

     具体的には、発信者の情報を開示する際の項目を規定した省令で、現状は発信者の氏名や住所、IPアドレスなどの情報に限定されているが、ここに電話番号を加え、発信者を見つけやすくする。

     SNSなどで誹謗中傷を受けた際、被害者が損害賠償を請求するには発信者の特定が不可欠。プロバイダー責任制限法の規定では、被害者がサイト運営者などに発信者情報の開示を求めることができることになっている。



    (出典 futoko-support.com)


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング 【【総務省】ネット誹謗中傷の発信者「電話番号開示」へ!夏までに省令改正…】の続きを読む



    (出典 neyagawa.goguynet.jp)


    2ちゃんまとめの感想

    1 靄々 ★

    大阪のラーメン店で39人食中毒

     大阪市は19日、同市東淀川区下新庄のラーメン店「ラーメン荘(そう) 歴史を刻め」で食事をした16~40歳の男女39人が腹痛や下痢、発熱などの症状を訴えたと発表した。




    (出典 tblg.k-img.com)


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング 【【大阪市】東淀川区のラーメン店で食中毒!男女39人が発熱や嘔吐…】の続きを読む



    (出典 q-cf.bstatic.com)


    2ちゃんまとめの感想

    1 Toy Soldiers ★

     熊本県のJA阿蘇のヨーグルト工場で働いていた男性職員(当時29歳)が精神障害を発症して2019年3月に自殺し、菊池労働基準監督署が同12月に恒常的な長時間労働などが原因として労災認定していたことが遺族の代理人弁護士への取材で分かった。

     遺族側によると、男性は同県小国町の工場で仕込みなどを担当していたが、18年6月からは2人でやっていた仕事を1人でするようになり、同11月以降は時間外労働が増加。亡くなる前6カ月の平均残業時間は月88時間を超え、亡くなる前の1カ月は97時間を超えたという。

     死亡した際に男性のスマートフォンには「仕事疲れた。一人だけいろいろせなんのは無理」「なんでこんな残業せないかんと?もういやだ」などと残されていた。

     遺族側は今月、JA阿蘇に対し「長時間の過重労働とならないよう配慮していたら亡くならずに済んだと思うと無念でならない」などとして、労働環境の改善を要望した。
    JA阿蘇の担当者は取材に「重大な責任を感じている。職員の労働時間管理や健康状態の把握などの改善をしている」と答えた。


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング 【【JA阿蘇】ヨーグルト工場で過労自殺!毎月残業88時間…】の続きを読む

    このページのトップヘ