ヒマつぶし速報

ヒマつぶしにピッタリな情報をいち早くお届け!
世の中で起こった「芸能ネタ」「時事ネタ」「スポーツネタ」何でもあり
画像や動画を交えて総まとめ。

    政治



    (出典 news.1242.com)


    2ちゃんまとめの感想

    1 影のたけし軍団 ★

    西村康稔経済財政・再生相は28日の記者会見で、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言を再指定する考えがないと明らかにした。
    医療提供体制を確保できている点などを理由に挙げた。新規感染者数は東京などで増加傾向にあるものの「全国的なまん延はみられない」と指摘した。

    専門家会議副座長の尾身茂氏と28日に電話で協議したという。西村氏は「再指定など大きな方向性を変えることは考えていない」と述べた。

    東京で夜の繁華街に関係する人の感染が広がる。西村氏は店舗での集団検査が進み「濃厚接触した人が特定されている」と説明した。
    新たなクラスター(感染者集団)の有無の確認を急ぐ。県をまたいだ移動の自粛要請も「考えていない」と明言した。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60903220Y0A620C2PE8000/


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング 【【西村経財相】 緊急事態宣言の再指定「考えていない」】の続きを読む



    (出典 www.agara.co.jp)


    2ちゃんまとめの感想

    1 Toy Soldiers ★

    小泉進次郎環境相が25日、都内で「みんなで減らそう レジ袋チャレンジ」の発足式に出席し、レジ袋の使用抑制を訴えた。

    政府は、プラスチックの過剰な使用を抑制するため、7月1日から全国の小売店にレジ袋有料化を義務付ける。

    小泉氏は「このままプラスチックの問題に取り組まなければ2050年には魚の量を上回るプラスチックが海の中にあふれてしまう」と危機感を示した。

    その上で「地球規模の大きな問題を解決する『小さなことからコツコツと』という第1歩がレジ袋をみんなで減らそうというキャンペーン」と説明した。

    これ伴って公開されるCMでは「幸せなら手をたたこう」のメロディーに乗せて「レジ袋はいりません」とレジ袋を使用しないことを推奨。
    小泉氏も口ずさみやすいメロディーに「わかりやすく良いCMになった」と満足げ。「打倒ドン・キホーテ」「打倒パプリカ」と、口ずさみやすいメロディーの2曲に対抗心を燃やし「政治の世界も闘いですから」と笑顔を見せた。

    同式には、環境省プラごみゼロアンバサダーとして任命されたさかなクン、トラウデン直美(21)、西川きよし(73)も出席した。


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング 【【小泉進次郎】レジ袋有料化!「レジ袋はいりません!」】の続きを読む



    (出典 www.jiji.com)


    2ちゃんまとめの感想

    1 影のたけし軍団 ★

    人との接触8割減を迫り、42万人が死ぬと脅した「8割おじさん」こと北海道大の西浦教授。

    その数理モデルは間違っていたと本誌(「週刊新潮」)は書いてきたが、それをデータとともに突きつけられた大阪府の吉村知事は、
    天を仰いだという。事実、ツケは大きすぎるので――。

    新型コロナが未知のウイルスであった以上、警戒しすぎも、ある程度は致し方なかったのだろうか。

    たとえば、安倍総理は緊急事態宣言を発令した4月7日、「人と人との接触機会を最低7割、
    極力8割削減できれば、2週間後には感染者の増加をピークアウトさせ、減少に転じさせることができる」と発言。
    言うまでもなく、8割削減という目標は、厚生労働省クラスター対策班に所属する北海道大学の西浦博教授(理論疫学)による試算を根拠にしていた。

    しかし、安倍総理の言葉には「緩み」があったようで、西浦教授はすぐに「この7割は政治側が勝手に言っていることで、
    私は一切言及したことがありません」とツイート。8割でなければダメだ、と強調したのである。

    西浦教授はさらに畳みかけ、4月15日には、接触を減らすなどの対策をまったくとらなければ、
    国内で約85万人が重症化、うち約42万人が死亡する恐れがある、という試算を公表した。

    テレビも加勢し、翌16日のTBS系「ひるおび!」を例にとれば、八代英輝弁護士が「政治はそれ(科学的知見)に従うということが大前提で、
    科学的知見が8割であったら、それを政治で7割に調整するということは、本来許されない」と発言。

    専門家とメディアがスクラムを組み、政治的判断の先をいく自粛ムードを作っていった。

    日本で欧米のように感染が広がらなかったのは、過剰な警戒の賜物なのか。
    ところが、大阪府の吉村洋文知事は6月12日、「第2回大阪府新型コロナウイルス対策本部専門家会議」終了後の囲み会見で、次のように語った。

    これは3月半ばに初回が開かれ、今回、第2波に備え、国に先がけこれまでを検証すべく、再招集されたものだ。

    「西浦モデルだけを信じて突き進むのは違うんじゃないか。大阪と兵庫の往来自粛をしたときも、
    西浦先生の数字で、兵庫と大阪は2週間後に感染者が3千人になる、とありましたが、事実としてそうはならなかったです。
    緊急事態宣言が出されたときも、8割の接触削減をしないと感染者が右肩上がりになるということでしたが、事実と適合してないわけですよね」

    そして、こう繋いだ。

    「40万人亡くなるというのも、4月15日に出ましたが、ああいうのを僕ら政治家が見せられると、すごく影響が強い。
    命を守らなきゃいけない立場になったときに、40万人死にますと言われると、全部抑えなければならない、となってきます。
    でも、40万人死んでいません。現実には900人。すべて西浦モデルが出発点になって、国の方針が示されてきました。

    それをやっても副作用がなければ全然いいけど、休業要請などもすべてにかけていくと、
    副作用、出血、犠牲があまりに大きすぎるので、国を挙げて批判的検証をしないと間違った方向に進むんじゃないか」

    いわば「8割おじさんに騙された」と、白状した恰好だった。

    実際、「騙された」ことによる「副作用」は、治癒できるレベルではない。

    第一生命経済研究所首席エコノミストの永濱利廣氏は、「8割削減にかぎってのダメージを測るのは難しい」
    としながら、そこが出発点になった緊急事態宣言に伴う経済への影響について、
    「GDPベースで最大12兆円の損失が生じ、今後も含め、失業者が60万人程度出ます」と見るのである。

    吉村知事が先のように語ったのも、会議の席でオブザーバー参加した2人の学者から、
    緊急事態宣言も、西浦教授の予測を信じて行った大阪と兵庫の間の往来自粛も、多方面への営業自粛要請にも、効果がなかったと断じられたからだ。


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング 【【吉村知事】「8割おじさん」に騙された! 経済が瀕死の状態…】の続きを読む



    (出典 www.knt.co.jp)



    1 ばーど ★

    新型コロナウイルスの影響で深刻な打撃を受けている観光需要を喚起するため政府が実施する「Go Toキャンペーン」について、赤羽国土交通大臣は、NHKの「日曜討論」で早ければ8月のはじめから事業を開始し、来年春にわたって実施して観光業を支援する考えを示しました。

    この中で、赤羽大臣は19日から都道府県をまたぐ移動の自粛が全国で緩和されたことについて「新たな局面に入った。観光需要は必ず、復活すると確信しているが、大前提は、旅行者の安心安全の確立だ。

    観光業界には、感染防止のガイドラインを順守してもらうとともに旅行者にも新たな旅のエチケットを守ってもらうように周知したい」と述べて、観光の再開は、旅行者の安全が大前提になるという考えを強調しました。

    そのうえで政府の「Go Toキャンペーン」のうち、観光需要を喚起するための「Go Toトラベル」について赤羽大臣は「観光業は、夏がかき入れ時なので、できるだけ8月の早い段階からしっかり実施していきたい。期間については夏だけで終わることは考えていない。夏、秋、冬そして来年の春と、できるだけ息の長い事業にしたい」と述べて、8月のはじめから来年春まで実施して観光業を支援する考えを示しました。


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング 【【GO TO キャンペーン】 8月から実施!来年春まで…】の続きを読む



    (出典 static.tokyo-np.co.jp)



    1 緑の人 ★

    東京都知事にふさわしいと思う人を選んでもらった。
    都知事選(7月5日投開票)で国政政党の支援を受けている5候補を選択肢に挙げたところ、

    現職の小池百合子知事と答えた人が51%を占めた。

    以下は宇都宮健児氏10%▽山本太郎氏8%▽小野泰輔氏7%▽立花孝志氏2%――だった。

    東京オリンピック・パラリンピックが来年開催できると思うかも質問した。
    「開催できると思う」は21%にとどまり、「開催できないと思う」が59%に上った。

    毎日新聞と社会調査研究センターの20日の全国世論調査


    (出典 dol.ismcdn.jp)


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング 【【世論調査】「都知事にふさわしいのは」小池51%、宇都宮10%、山本太郎8%、その他…】の続きを読む

    このページのトップヘ