ヒマつぶし速報

ヒマつぶしにピッタリな情報をいち早くお届け!
世の中で起こった「芸能ネタ」「時事ネタ」「スポーツネタ」何でもあり
画像や動画を交えて総まとめ。



    (出典 news.1242.com)


    2ちゃんまとめの感想

    1 影のたけし軍団 ★

    西村康稔経済財政・再生相は28日の記者会見で、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言を再指定する考えがないと明らかにした。
    医療提供体制を確保できている点などを理由に挙げた。新規感染者数は東京などで増加傾向にあるものの「全国的なまん延はみられない」と指摘した。

    専門家会議副座長の尾身茂氏と28日に電話で協議したという。西村氏は「再指定など大きな方向性を変えることは考えていない」と述べた。

    東京で夜の繁華街に関係する人の感染が広がる。西村氏は店舗での集団検査が進み「濃厚接触した人が特定されている」と説明した。
    新たなクラスター(感染者集団)の有無の確認を急ぐ。県をまたいだ移動の自粛要請も「考えていない」と明言した。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60903220Y0A620C2PE8000/


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング 【【西村経財相】 緊急事態宣言の再指定「考えていない」】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    2ちゃんまとめの感想

    1 冬月記者 ★

    お笑いコンビ「ナインティナイン」が25日深夜のニッポン放送「ナインティナインのオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)で、先輩芸人の番組出演について語った。

    リスナーからの2拓の質問に「せーーーの!」で同時に答えるコーナーで、フジテレビ系「さんまのまんま」か日本テレビ系「ダウンタウンDX」か
    「ナイナイで一緒に出演するならどっち?」と問われ、岡村隆史(49)も矢部浩之(48)も即答。「ダウンタウンDX」と声をそろえた。

    理由について、岡村が「“さんまのまんま”は出てるからね」と答えると、矢部も「何回かね」と同調。
    一方で、岡村は「まだ、まだな、そんな“ダウンタウンDX”なんか…エライことになるから」と、こちらについては出演を口にしただけで恐縮した。


    矢部は「ワクワクする感じかな。浜田さん側の前列に座るとして、(ナイナイとしては)立ち位置、換えなあかんかも、唯一」とイメージ。

    こんなメールを寄せたリスナーに「すごい質問してくるな。見たいなと思って書いてきてくれんのかな。すごいな、俺らがドキドキするの知ってんねんな」と語り掛けた。

    これには岡村も「普通にバクバクし始めるわ、ホンマに」とダウンタウンとの共演は緊張することを強調した。


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング 【【ナイナイ】「さんまのまんま」か「ダウンタウンDX」出演するなら?選んだのは…】の続きを読む



    (出典 prt.iza.ne.jp)


    2ちゃんまとめの感想

    1 ばーど ★

    NHK映らないテレビ、受信契約の義務なし 東京地裁

    NHKが映らないテレビであれば、受信契約をしなくてもいいのか。この点が争われた訴訟の判決で、東京地裁は26日、契約義務がないことの確認を求めた原告の訴えを認めた。小川理津子裁判長は「どのような意図であれ、受信できない以上、契約義務はない」と述べた。

    判決によると、原告はNHKの受信料の徴収に批判的な意見の持ち主。2018年10月、筑波大学の准教授が開発したNHKの番組を映らないようにするフィルターがついたテレビを3千円で購入し、自宅に設置した。

    NHKは、フィルターや電波の増幅器を使うなどの実験をした結果、原告のテレビでは「NHKを受信できる状態に簡単に復元できる」と主張した。だが、判決は「増幅器の出費をしなければ受信できないテレビは、NHKを受信できる設備とはいえない」と判断した。(新屋絵理)


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング 【【東京地裁】「NHKが映らないよう加工したテレビ」受信契約を結ぶ義務なし!】の続きを読む

    このページのトップヘ